様々な角度から見る横浜のデリヘルの上質なガイダンス

横浜のデリヘルにくるお客やお店のスタッフや元キャストたちの目線から見る、これから働きたいもしくは現役で頑張っている人への指導について

*

横浜のデリヘルは目先のものにとらわれないスタンス

日本中に数ある中でも特に横浜のデリヘルに注目したいと思っている人は多く存在していると思います。古くから歴史のある横浜の地でデリヘルを新たに開業したいと思っている人や、また興味があって働きたいと考える女の子もかなり多いはずです。利用する側もわざわざ遠方から足を運ぶほどに熱心に通ってくるくらい気合の入った人も少なくありません。もちろん、地元を拠点にせっせとデリヘルに通うタイプの集客数もかなりの数が見込みがあります。店舗のコンセプトやジャンル、マニア向けのお店の多さや深い性癖に特化したものまであり、コアなお店でも利用する側の需要はかなりある。加えて横浜のデリヘルで働く女の子はかなりレベルの高い子を求めることができるのです。
こういった背景から、ぜひともデリヘルとして開業するのなら横浜でと考える人は後を絶ちません。フランチャイズで展開しているお店の傘下に入ってしまうという簡単な方法や、ゼロからスタートさせて独自のコンセプトをもたせて開業するなどやり方も人それぞれです。

横浜のデリヘル開業

開業するにあたって『無店舗型』とはいえ、店の拠点となる事務所の登録は必要になってきます。良い物件を見つけることができれば、お店の事務所としても女の子たちが待機する場所としても使用することができますし、届出確認書への記載もできます。携帯電話のみで頑張っている店舗もありますが、どちらかといえば固定電話を掲載しているお店の方がユーザーからの信用度がかなり変わってくると思って間違いないでしょう。それからパソコンの設定やホームページのローンチなどもしっかりと準備ができるのです。
横浜でデリヘルを開業するにあたって絶対に必要なことは、警察署への届出確認書の提出です。これがないと営業することができません。確認書がなくても営業している店舗もありますが、かなりハイリスクの上でやっているので警察沙汰になれば確実に人生が崩壊してくれることでしょう。この届出は免許などは一切必要ないので、内容に不備がなければすんなりと受理されることがほとんどです。
ここさえクリアしてしまえば、あとは営業戦略あるのみです。横浜のデリヘルはかなりの激戦区と名高いところではあるので、ホームページの作りはしっかりしていないと門前払いの扱いを受けてしまいます。利用するお客さんの心を掴めるようなホームページで、アクセス数のアップを図ります。かといって、過激な露出度の高い写真を載せれば良いというものではありません。あまりにもひどい時にはただの変態が集まる店ということになり、求人を募ったところであっても素敵な女性が来てくれるはずがありません。
また、風俗やデリヘル専門の情報サイトに広告掲載をするというのも一つの立派な戦略です。横浜のデリヘルに特化した情報サイトを見つけたら絶対に掲載するべきです。お客は店がどこまで広告に出費しているのかをみているという人もいて、その規模で店の売り上げが良いか悪いかを判断します。当然広告を多数出しているということは売れている店という法則が成り立つため、信頼の置けるサイトに多数掲載していることでもより集客につながるのです。同時に店舗のホームページにも力を入れることによって集客が見込めるというものです。こういったウェブ戦略は無店舗型だからこその経営手腕にかかってくるものです。
お店の体制は整っていても働く女の子がいなければお話になりません。しかし、ここは横浜のデリヘルというバリューネームにつられてハイクラスの女の子たちが集まってきます。もちろん、お店のホームページを見て応募してくるような子もいるので、やはり店舗のウェブデザインセンスにはクオリティーの高いものを求めるというのが必要不可欠になってくるものです。
おしゃれで可愛い女の子はセンスも良い店を選びたくなるのは当然のことです。類は友を呼ぶとも言いますが横浜のデリヘルでハイセンスな店には在籍する女の子のレベルが高いということも納得できますね。

公開日:
最終更新日:2016/07/26